チャイコフスキー作曲「花のワルツ」を金管7重奏にアレンジしてみた。

オーケストレーション練習用・金色のコルダシリーズクラシックアレンジ第2弾
今度はチャイコフスキー作曲、バレエ音楽「くるみ割り人形」より「花のワルツ」を金管7重奏にアレンジしてみました。

Trumpet×2
French Horn×2
Trombone×2
Tuba×1
の7重奏

基本1st Trumpetが主旋律。
Hornに主旋律を演奏させたりとちょいと遊んでみた。
今回もFinaleで打ち込みパン調整などを行ったものをKontakt2で再生させています。





よかったら聞いてみてください。

やはり、実際演奏できたら良いんですがね・・・・

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック