パッヘルベル作曲「カノン」を管楽13重奏にアレンジしてみた。

オーケストレーション練習用・金色のコルダシリーズクラシックアレンジ第3弾
今回はパッヘルベル作曲「カノン」を管楽13重奏にアレンジしてみました。

Flute×2
Oboe×1
B♭Clarinet×2
Bassoon×1
Trumpet×2
French Horn×2
Trombone×2
Tuba×1
の13重奏

前半は全体でアンサンブルをさせ
後半は木管がメロディで金管が伴奏系。

8分音符で動いている部分を分解したりして遊んでみた。
今回もFinaleで打ち込みパン調整などを行ったものをKontakt2で再生させています。





よかったら聞いてみてください。

実際演奏したら音の鳴りは違うんだろうな・・・・・

この記事へのコメント

  • はじめまして

    初見です
    すばらしいですね。部内のアンコンでカノンやろうと思っているのですが、楽譜などはもらえますか?
    2010年11月20日 17:26
  • 朝倉純一

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    私なんかの作品に興味を持って頂けて幸いです。
    ホームページ上にフルスコアをPDF形式で掲載しましたのでご覧ください。
    もし演奏して頂けるようでしたら、コメント頂ければパート譜も用意させて頂きます。
    2010年11月22日 00:11
  • A奏者  (↑↑の者です)

    その・・・
    ダウンロードできませんでした。閲覧できません。と出てきます。

    できればパート譜もお願いします。
    2010年11月22日 22:00
  • 朝倉純一

    大変失礼致しました。
    只今復旧させました。

    パート譜に関してはしばらくお待ちください。
    2010年11月22日 22:51
  • A奏者

    ご迷惑おかけしましてすみません。

    パート譜お待ちしてます。
    2010年11月23日 08:38
  • 朝倉純一

    お待たせいたしました。
    ホームページ上にフルスコア&パート譜のフルセットを公開いたしました。
    どうぞご自由にご利用ください。
    2010年11月25日 00:41
  • A奏者

    ありがとうございます。
    機会がある時またお世話になります
    2010年11月27日 16:28

この記事へのトラックバック